会社情報

テレビ番組制作の流れ

※テレビ番組の制作は、作品によって多岐にわたりますが、ここでは一般的な流れをご紹介します。

1
営業 プロデューサーアシスタントプロデューサー

クライアント(局など)とコミュニケーションをとりながら、求められているニーズを適確にキャッチして、それに応えられるプランをご提案します。

2
企画 プロデューサーディレクター

プランに沿ったテーマやコンセプトを作り、それに基づいて細かい企画を練っていきます。

リサーチ制作する内容により変化。 ディレクターアシスタントディレクター
企画に基づいて取材対象や情報を調べます。
キャスティング制作する内容により変化。 プロデューサーディレクター
企画のイメージに合った出演者をリストアップして、スケジュールや内容などの交渉を行います。
3
見積・スケジューリング プロデューサー

内容が固まった時点で、納品までの作業スケジュールを作成し、必要な経費を見積もり、クライアントと予算の交渉を行います。

シナリオ制作する内容により変化。 ディレクターライター
企画を具体化するための構成を組み立て、それにそった進行台本を作ります。
ロケーションハンティング(ロケハン)制作する内容により変化。 プロデューサーアシスタントプロデューサーディレクターアシスタントディレクター
シナリオ作成と並行して、イメージに則した撮影場所の選定と下見を行います。屋外や街なかでは、そこにあるすべてのものが撮影対象になりますので、様々な条件を考慮しなければなりません。
4
撮影 プロデューサーアシスタントプロデューサー ディレクターアシスタントディレクター カメラマンオーディオミキサー ビデオエンジニアライティング(照明)ディレクター 美術メイクスタイリスト

撮影場所が決まれば、いよいよ撮影開始です。現場は、出演者をはじめ、制作、技術(カメラ等)、照明、美術、メイクなど多くのスペシャリストが集まります。そのスタッフの能力を最大限発揮させながら演出していくのがディレクターの腕のみせどころです。

ロケ・中継制作する内容により変化。 プロデューサーアシスタントプロデューサーディレクターアシスタントディレクターカメラマンオーディオミキサービデオエンジニアライティング(照明)ディレクター 美術メイクスタイリスト
撮影には、小型カメラで映像作りをしていくENGスタイルのロケものと、中継車を使用し、一度に複数のカメラで映像作りをしていく中継があります。中継には、録画と生の2つのスタイルがあります。
ENGエレクトロニック ニューズ ギャザリングの略
スタジオ制作する内容により変化。 プロデューサーアシスタントプロデューサーディレクターアシスタントディレクターカメラマンオーディオミキサー ビデオエンジニアライティング(照明)ディレクター美術メイクスタイリスト
室内での撮影には、スタジオを使うものもあります。スタジオでは、イメージに沿ったオリジナルセットを作ります。スタンダードカメラという大型カメラを複数使って、映像をスイッチングしながら収録します。
5
オフライン編集 ディレクターアシスタントディレクター

収録した映像素材を構成に基づいて、時系列につないでいく作業です。大切なことはテーマやコンセプトから外れないことですが、ディレクターの感性も重要です。

6
本編集 プロデューサーアシスタントプロデューサー ディレクターアシスタントディレクター エディター(編集マン)

オフラインで編集した素材の仕上げ作業です。あらかじめ決められた時間におさまるように最終的な時間調整をしていきます。また様々なエフェクトを使って映像の加工や、スーパーなどを入れて映像を仕上げます。

7
マルチオーディオ(MA) プロデューサーアシスタントプロデューサー ディレクターアシスタントディレクター

本編集が終わった素材の音声を整音し、ナレーション、音楽、効果音などを入れていく作業です。

8
納品 ディレクターアシスタントディレクター

あらかじめ決められた、仕様に則してクライアントに納品します。

プロデューサー
プロデューサー
アシスタントプロデューサー
アシスタントプロデューサー
ディレクター
ディレクター
アシスタントディレクター
アシスタントディレクター
カメラマン
カメラマン
オーディオミキサー
オーディオミキサー
ビデオエンジニア
ビデオエンジニア
エディター(編集マン)
エディター(編集マン)
ライティング(照明)ディレクター
ライティング(照明)
ディレクター
ライター
ライター
美術
美術
メイク
メイク
スタイリスト
スタイリスト
制作する内容により変化。
制作内容により変化。